デザイン経営

概要

デザインを単なる美しさの追求として捉えるのではなく、デザイナーが普段おこなっているように、アイデア発出とプロタイプ制作の繰り返しで、素早く市場にあったサービスやプロダクトを作っていく経営方法をデザイン経営と呼びます。内外の大企業がこぞってデザイナーを役員として迎えてその経営に参画させるようになっています。Apple、ダイソン、ソニーなどはもちろん、車メーカーもこぞってその方向に舵を切っています。いまやデザインへの見識は経営者にとって必須の教養です。

経済産業省や消費者庁は2018年に….

いろんな職種のデザイナー・コンサルタントがいるなかで、弊社では、主にマーケティング領域におけるデザイン・コンサルティング・システム開発を行っています。もっとも得意な分野は、インターネットを使ったマーケティングを行う、ウェブコンサルティング・デジタルマーケティングです。元々は広告、出版業界のデザイナーからキャリアを積んでいますので、印刷物や編集をふくめた、トータルデザインを行うブランディングも得意としています。

デザイン経営を行うには

現状把握

御社が現在おこなっているマーケティング施策を一覧にし、費用対効果等を把握し共有します。特に現在の主戦場となっているウェブマーケティングにおいて、ウェブサイト等が効果的に機能しているかについて、使いやすさ、コンテンツ面の両面から、診断しご報告するプログラムがあります。非常に好評です。

ウェブサイト診断(UXデザイン診断)→

USP発掘

どんなビジネスでも、他社より自社を選んでもらえる理由が無ければ、商売は成り立ちません。それを専門用語ではUSP(Unique selling proposition:独自のセールスポイント)といいますが、自分達の強みがどこにあるのか、なかなか自分たちだけでは分からない物です。

そこで、第三者の私たちが、お客様の心の中から、本当にやりたかったこと、他人には絶対に負けないことを聞き出し発掘して、言語化、視覚化します。

具体的は、有名なコンサルタントである、大前研一さんが作られた、3Cというフレームワークをもとに、ウェブコンサルティング協会の理事長でもある、権成俊さんが改良された、AB3Cというフレームワークを使って、何回かのセッションを繰り返して、USP(差別的優位点)の発掘をいたします。これが全てのマーケティングの戦略に繋がります。

競合調査

USPが見つかったとしても、本当にそれが、他社より優位で、オンリーワンなものなのか、確認してみる必要があります。お客様自身が意識されている競合と、ネットで検索してみつかった競合を机上にあげ、他社の特徴や売りを分析します。

それをエクセルで整理したものと、主要な項目を一望にできる、戦略キャンバスを作成し、その結果USPの彫り込みが甘いように思えるなら、再度、自分達でしか出来ない事を探求し、明確にします。それは、例えば商品力では差別化できなくても、送料では差別化出来ると行ったことでも構わないのです。ただし、他社が簡単に真似できることでは駄目です。

デザイン思考

このような作業をするときに、われわれは、考えて考えて考え抜いてから、商品化やマーケティング施策を行うと言うアプローチはとりません。むしろ、競合と比べて、我々の強みはこんな感じかなと言うことに気づいたら、とにかく早く、そのアイデアに基づいて、商品化したり、マーケティング施策をおこない市場に問います。

この時につかわれるのが、プロトタイプとか、実用最小限製品(MVP)と言われるものです。これらは、デザイナーが普段、着想から、言語化し、アイデアをまとめてラフデザインを作り、それを仲間にみてもらって意見もらい、修正して成果物をつくり、また市場の意見をきいて新たな着想に至るといった一連の仕事の仕方に似ているためデザイン思考と言われます。

ここで出てきたいろんな言葉は、詳細な解説がWikipediaに掲載されていますので、ここでは説明しませんが、このようなアプローチで仕事を進めていくため、一度限りのお仕事はなく、長期に渡ったイコールパートナーとしてお仕事をお受けさせて頂いています。

PDCAとMVP

費用

詳細は、内容によってご相談になりますが、次の数字をご参考頂けると助かります。

  • ご相談:1時間3万円〜
  • 戦略立案:50万〜1000万(ブランディングやファンベース等も含む)
  • クリエイティブ・エンジニアリング:協力会社の見積もり+20% 概算で1日6万円見当
  • 運営支援、効果測定、保守管理:月5万円〜
  • ウェブサイト診断(UXデザイン診断)は別途、パッケージ料金があります。詳しくはこちら

1000万かけて、そこそこの規模のウェブサイトを作っくて改善の予算がなくなるより、100万円で重点施策事項に扱ったウェブページを早く作って検証改善し、それを10回繰り返したほうが絶対に効果が出ます。その時に、毎回業者を変えていたら知識が蓄積されませんから、その10回の施策をパートナーとして共に走らせていただるお客様を求めています。

ブランディング

USPが見つかり、競合調査で裏付けができても、商品や広告を発信しなければお客様のもとには伝わりません。そのために、USPにもとづいて、メッセージを、言語化、視覚化する必要があります。

一般的には、ブランディングというと、次ぎのような成果物を納品する場合が多いです。

  • ロゴのデザイン(通常時、ウェブや名刺などの縮小使用時、モノクロ、反転、比率と余白、競合調査、商標登録)
  • 色彩計画(メインカラー1色とサブカラー2色程度)
  • ブランドメッセージ(タグライン、ブランドステートメントなど)
  • ポスターや会社案内のような、ブランドメッセージを伝えるためのツール(多いのが採用向け)
  • ウェブサイトの制作(コーポレートサイト、ECサイト、ソーシャル活動など)
  • 商品開発、とくにパッケージデザイン
  • 名刺や封筒、パンフレットなどの小型グラフィック

いずれにせよ、USPから導き出された戦略にもとづいて、全てのプラットフォームで、トータルデザインがなされている事が必要です。このことによって、お客様の心にインストールすることができます。

一方、顧客インサイトを考えるのも重要です。一方的に自分達のUSPを押しつけても、お客様にとって必要な物で無ければ売れません。そこで顧客は何をほしがっているのかを、よく調べて検討し、お客様が、本当に欲しいものと、自分達のUSPが重なったとき、初めて、お客様の心の中に購買意欲がわくのです。

ファンベース

ファンベースということばは、広告業界で長く、コピーライター、コミュニケーション・ディレクターを勤められていた有名ブロガーでもあるさとなおさん(佐藤尚之さん)が、2008年頃から提唱されてきた言葉です。

ファンベースの対義語は、マス(大衆)ベースです。すまわち、広告業界にお勤めのさとなおさんの肌感として、まずを対象としたいわゆるキャンペーン広告はかなり影響力を失い、一方、ソーシャルでのコミュニケーションや、会員向けのサービスなどを充実させてきた企業には、このコロナ禍のかなでも業績を伸ばしている企業が多いという分析から始まっています。身近な例でいうと、ソニーやアップルが、この状況かでも増収増益を達成している話は聞いた事があるでしょう。

毎年、神奈川県ぐらいが無くなる勢いで、人口が減少しており、新規顧客を獲得するのは、これから難しくなります。新規顧客の獲得を諦めるのではなく、平行して、既存顧客のリピート購入を真剣に考えなければなりません。これを専門用語ではLTV(ライフタイムバリュー)と言います。

その為に出来る施策は次ぎの3つです。

  • 「共感」を強くする(ファンの言葉に傾聴し、新規客より優先する)
  • 「愛着」を強くする(ブランドにストーリーやドラマを漂わせ、ファンが参加できる場を増やす)
  • 「信頼」を強くする(誠実に対応し、細部まで丁寧に説明する。社員がもっとも最強のファンであることを忘れないように)

最終的に、競合他社が値下げしてきても浮気をしない企業やブランドの「ファン」を作り、ファンが新しいファンを連れてきてくれるエコシステムを作り(営業不要となる)、ファンが持ち出しで商品開発や宣伝イベントなどの運営を助けてくれる。そういう状況になる必要があるのです。

これは、なにも消費者向けのサービスを作ってる会社にだけにあてはまるわけではなく、B2B企業や公共団体ですら必要な施策です。

マーケーティング施策は、デジタルの速度におわれるように日々変わっていきますが、2021年現在で、もっとも最強なマーケティング施策はファンベースだと思います。

クリエイティブとシステム開発

クリエイティブは、コンサルティングフェーズで決まったアイデアを、言語化、視覚化してお客様に伝える為の作業です。

弊社では、次のようなクリエイティブを得意としたチームを持っています

  • UXデザイン診断(ホームページ診断)
  • ホームページ制作(小規模から大規模まで、多言語サイトの経験あり ECサイト研究中)
  • システム開発(CMS導入が得意)
  • ブランディングに関するコピーワーク、デザイン
  • ソーシャルメディア運用(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、TikTok、clubhouse等)
  • オウンドメディア運営(企画、執筆、発信、効果測定まで)
  • 動画制作(YouTubeや上映用の映画など、ドキュメンタリーも得意)
  • 印刷物、出版物の編集、デザイン(中央官庁や業界団体の広報誌の編集経験あり)
  • UI/UXデザイン(業務システム、ウェブサービス、スマホアプリ、カーナビ、市販ゲームソフト、年賀状ソフト、位置情報をつかった携帯向けサービス等の使いやすさのデザイン経験あり)

UXデザイン診断、ソーシャルメディア運営やオウンドメディア運営、UX/UXデザインなどは内部でも対応可能ですが、その他のクリエイティブワークは原則、外部に依頼しています。とはいえ、ブランディングのコンセプトワークや、ホームページ制作のコンサル、要件定義、設計と言った上流工程は内部で行います。

外部を使った場合でも、仕様の伝達、進行管理、品質管理、保守運営などは弊社が責任を持って行います。基本的にお客様から、弊社にまとめてお支払い頂き、弊社が代行して複数の外部会社・スタッフにお支払いしますが、外部スタッフによっては、より積極的にプロジェクトに関わるため、お客様とのコンサルティングの場に参加し、商流も直接お支払いいただくことを希望する方もいらっしゃいます。その場合は、かかる費用は直接お支払いいただき、弊社は別途ディレクション費用を頂きます。原則、外部からの見積もり額の20%を基準にしています。

昨今、クリエイティブワークの多くがAIやテンプレートで対応可能となっており、納期とコスト削減のため積極的に活用します。時代の速度に合わせるためには、アジャイルの発想が必要です。MVP (Minimum Viable Product)の活用を生かし、短いサイクルでPDCAを回すことを心がけます。