SDGs

SDGsは、2025年9月の国連サミットで採択され、2030年までに達成する、持続可能な社会を実現するための目標です。大まかに分けて17の目標と169のターゲットに分かれています。

その内容は、SDGsで検索すれば、沢山のサイトで紹介されているのでこの場では解説しませんが(ブログで取り上げたいと思います!)弊社はこの活動に賛同します。

そもそも何のために事業をやっているのかというところに、最終的には行き着くとおもいますが、もちろん食べていくためという理由はもっともで、さらにいうと事業を継続的にやっていること自体が社会貢献になるという考え方もあります。

現在の社会の状況は、環境問題、デジタル化、先進国の少子化と発展途上国の人口爆発など、かなり逼迫した状況です。なかでも2030年までの10年間に各人がどう行動するかによって、その後の人類の行く末が決まると言われています。なので、大きな会社だけでなく、小さな会社や個人まで、具体的な行動をビジネスに結び付ける必要があるのです。

まずは最初に、弊社ですぐに出来る行動を3つ考えました。

1つ目、たとえば弊社でホームページを作られる会社さんの場合、SDGsに賛同する旨を掲載するページを1ページ公開いただき、日々のビジネスで実践していただける場合に、制作費用の一部を割り引きいたします。 NPO/NGOなど、共鳴できる事業をされている場合は、ときによってはボランティアで参加します。

2つ目、弊社が使用している電力を、ハチドリ電力さんと契約し、100%再生可能エネルギーにいたします。 請求書をメールで送るなど、極力ペーパーレスなスタイルで業務を進め、環境に考慮いたします。

3つめ、ハチドリ電力さんの電気代の一部や、独自の支援プログラムに賛同し、寄付をおこないます。 まずは、NPO法人ネモちば不登校・ひきこもりネットワークへの支援を開始いたします。 支援先は今後も検討し、将来的には売上の一定率を寄付に回したいと考えています。

そもそも極々小さな会社の行動ですので、その影響力はほとんど無いと思いますが、こういうことを宣言することで、少しでも持続可能な社会を実現する輪が出来ればと考えています。

僕らが考える指標

SDGsを読んでみて、自分達が考える社会問題を列記してみました。こんなことに力をいれている会社や団体後からになりたい。(ちょっとした寄付とかでも良いんです)

  • 貧困と格差(特に教育、貧困の再生産)
  • いじめや引きこもり
  • 自殺をなくす(自死や安楽死の権利もあるか….)
  • 多様性(LGBTや女性・障害者)
  • 平和
  • 民主主義
  • 平等と機会均等
  • 再チャレンジ可能な社会
  • 働き方改革
  • 海洋保全/森林保全/水源保全(シーカヤッカーとして)
  • フードロスと飢え
  • 死刑反対(えん罪を防ぐ、人が人を裁くことはできない)
  • 地方活性化

湾岸戦争のころ、会社の名刺にCommunication For Peaceと書いて、お客様たちから、ほんとそうだよねと共感をうけてきた弊社なので、何のために働いてるの買って言えば、子供や孫、その孫に、ちゃんと暮らせる地球をバトンタッチするためですって言いたいです。